毎日のこと

子育て

子どもが苦手な人こそ、子育てを楽しめる!その理由とは……

子どもが苦手、どう接していいかわからない。 そんな風に子どもに対して身構えたり、苦手意識をもってしまう人も少なくありません。実は私もそのうちのひとりで、子どもへの苦手意識を今でも感じることがあります。 たとえば、近所の子どもとす...
子育て

子どもが敏感で寝つきが悪い?第三の脳である皮膚とスキンシップ

敏感な子どもは、夜の寝つきが悪く、眠りが浅くなりやすい傾向にあります。 寝付くまでに1~2時間かかってしまう 一度寝てもささいな物音で起きる 親が添い寝から起きると一緒に目覚めてしまい、寝かしつけから離れられない……なんて...
子育て

「幼少期の記憶の振り返り」はHSPの子育てに重要な意味がある

HSPを自覚する人が、自分の子どもをもったときにまずやってほしいのは「自分の幼少期の記憶を振り返ること」です。 私自身、子育てをはじめてから数年たち、HSPという気質があることを知りました。HSPは遺伝する傾向があるともされています。...
子育て

子どもの精神年齢は大人の想像より高い!?子どもの心を見くびらないで

「子どもなんてまだまだ未熟」「体は大きくなってきても、心はまだまだ子どもなんだな~」そんな風に思うことも、日常の中では多々あります。それと同時に「子どもって意外といろいろ考えているんだな」とハッとさせられることもある。 子育てをする上...
子育て

子どもに時間をかけたくない親たち。宿題・週休6日復活・PTAとボランティアを通して思うこと

先日、私は「小中学校教員と、保護者の交流会」なるものに参加してきた。ざっくりとしたテーマを投げられ、保護者と教員が意見を交換し合うという内容の会だ。 そこで見えてきたのは「本当に子どもを大切に思うって、どういうことなんだろう?」という...
子育て

「いい母親になりたい!」プレッシャーが毒になる理由とは?

「いい母親になろう」というプレッシャーが苦しくなっていませんか? 素敵な母親、寛大で人として立派な母親でないと、子どもが苦しくなる。そう思ってはいないでしょうか。 そんな「いい母親でいることのプレッシャー」こそ、子どもにとってつ...
家庭環境

シンママさんにこそ勧めたい!男の子育児の疲れに、金曜夜の無礼講!

毎日の男の子育児お疲れ様です。毎週がとっても早いのではないでしょうか。 育児は心がパンパンになったり、疲れが溜まり過ぎると、余裕がなくなって怒りっぽくなりがちですよね。この記事では、男の子を心の余裕を持って育てていくために、私が実践し...
家庭環境

シングルマザーの男の子育児!疲れの限界が来る前に思い出したい3つのこと

シングルマザーでありながら男の子を育てるママは、体力・精神力・判断力を毎日たくさん使います。筆者もシングルマザーをしながら男の子2人の育児に奮闘中です。 子供は可愛いけれど、定期的に訪れる「疲れのピーク」。「ああ、もう無理~~...
しつけ・態度

【反抗期の子供の叱り方】小学生を叱るときの3つの心得

難しい中間反抗期の子供、叱り方や接し方について実体験を共に解説しています。
子育て

性教育は9歳からする時代!小学生に教えたい性別の概念

子供に対して、無意識に 「男の子なのに頼りない」 「女の子なんだからもっと礼儀正しく」 そんな風に、ジェンダーにとらわれた感覚を持ってしまうことってありませんか? 近年...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました