【HSP母の悩み】気持ちの切り替えができないからしんどい

HSP

こんにちは。

フリーライターの夏野 新です。

 

 

気持ちの切り替えができないってことで悩んだこと、ありませんか?

 

私はお墨付きのHSP気質ですが、10代の頃から気持ちの切り替えが苦手で悩んでいました。

 

29歳になった今も、まだそれは引きずったままです。

 

だいぶ上手になりましたが、まだまだ気持ちの切り替えができないせいで自分にイライラしたり、不安定になることがあります。

 

 

夏休みということで、息子たち2人は私の実家にお泊りに行っていました。

 

実家は新幹線と電車を乗り継いで、3時間ほどかかる場所です。

 

いつもは3人で帰省するのですが、今年は私も仕事やそのほか用事が忙しかったので2人で初めてのお泊りをしました。

 

子供たちは何の問題もなく、楽しく2泊3日を過ごしたようですが、私はなんだか不安定。

 

まず、子供がいないという状況になれるのに丸1日かかりました。

 

送り出したその日は、仕事も家事も手につかず。

 

次の日はやっと「子供がいない状況」に慣れ、仕事を頑張りました。

 

そしてあっという間に最終日、夕方ごろに子どもたちは帰ってきます。

 

正直「もう自由な時間は終わりか。」って思いました。

 

で、子供のいない自由な時間の使い方に慣れた頃に子どもたちが帰宅。

 

すると、今日はその生活リズムやテンションに戻すのにものすごく時間と気力・体力が要りました。

 

自由な時間をもらったのに、なんで私こんなに疲れているんだろう。

 

 

しかも子供と2日間離れて、さみしかったと思えなかった。

 

2日間離れただけなのに、長いこと息子たちに会っていないような気がしたんですが、さみしいとは思わなかったのです。

 

 

さらに、自分を子供と一緒のモードに切り替えるのに丸1日かかる。

 

なんという切り替えの悪さ…。

 

 

気持ちの切り替えができない

 

 

HSPは気持ちの切り替えが苦手です。

 

【HSP母の悩み】幼稚園の送り迎え、立ち話がものすごく苦手!!
幼稚園の送り迎えに行くと、知り合いのママたちと顔を合わせることは必須。 毎日決まった時間に登園するので、大体合う人の顔も同じなので、仲の良い人とは立ち話になったりすることも。 私は、立ち話や世間話をするこ...

 

この記事でも書いたのですが、

 

「気持ち切り替えるぞ!」って気合入れないと、自分の中のモードが切り替わらない。

 

昔は、家がちらかったまま出かけてしまい、楽しい気持ちのまま家に帰って散らかった様子を見ると、取り乱して怒って片付け始めたりしていました。

 

楽しかったお出かけの気持ち

家が散らかったままの事実

散らかったまま出かけてしまった自分への怒り

 

などなど、いろんな感情を切り替えることが出来なかったのです。

 

 

今でも例えば、

 

「今日は〇〇さんに会う日だ!いっぱい話すぞ!」

 

って思ってからじゃないと、うまく話せない。

 

急にスーパーで会ったり、突然訪問されたりするとドキドキしてしまってうまく接することが出来ない。

 

あと、今日は誰にも会わないで家にいるつもりでいるのに、子供が外で遊びだしてしまって、そこに近所の子がやってくるという状況もとても苦手。

 

人と会うつもりがなかったという意に反して、突然会わざるを得ない状況になるのがしんどい。

 

だから、そういう可能性を回避して行動したりします。

 

子供に外へ行くのを止めたり、知っている人がいなさそうな場所を選んで出かけたり。

 

そういう行動もまた、自分を疲れさせている一因なのにね。

 

 

うちは実家が両家遠方なので、子供たちを預ける場所はありません。

 

どこに行くにも連れて行くし、学校と幼稚園以外はずっと一緒。

 

だから余計に、突然子供を預けても「自由」な環境に頭がなかなかついて行かない。

 

ソワソワして、逆に落ち着かない。

 

 

帰ってきたら今度は、子供と一緒モードへの切り替えに時間と気力がいる。

 

リフレッシュするつもりが、逆に気持ちが疲れてしまいました……。

 

 

できないことはできないんだって、思い知った

 

大人になって今まで

 

そんなこと甘えだって思ってきました。

 

大人なんだし、親なんだし

 

いつなんどきでも、明るく笑顔で他人や子供と話せなきゃだめって思ってました。

 

 

でも、無理でした。

 

とても無理して、できるふりをしていた。

 

それが「大人」であり「親」だと思ったから。

 

でもそれが最近、

「私は人よりもひといちばい不器用で、敏感だから、無理なもんは無理なんだよ。」って自分自身に言い聞かせることにしています。

 

無理なことをやろうとしても、誰も得しないんです。

 

疲れたりイライラしたりて、自分と同時に周りも不快になる。

 

だから

 

「ごめんなさい、私はこれが苦手だからできないよ。」

 

って正直に言って、許してもらうっていうのもありなのかなって思うようにしています。

 

ただ、思うだけで実践できてないことも多いです。

 

できないことを、素直にできませんっていうのは思った以上に勇気がいるもの。

 

負けを認めるということは、真面目なHSPにはけっこう難しいことです。

 

でも、やめてみると意外に大丈夫です。

 

誰も損しない。

 

むしろ無理しているのを見て、心を悩ませたり不快な思いをしている人がいるかもしれないし、その可能性は大きいです。

 

自分は自分のまま、欠点も認めて素直になったほうが自分も周りも気が楽だって、今日とても強く思いました。

 

HSPの子育てがなぜこんなにつらいのか考えてみた結果
さっきまで、小3の息子と格闘していました。 (私はたぶん子供の時からHSPで、息子もまたHSCです。) 毎週平日に1回、サッカークラブの練習に通っています。 下校したらすぐ帰宅し、家に帰ったら着替え...

 

 

 

 

 

 

 

コメント