まるでそこにあるかのように『 HSPが持つマインズ・アイ』

HSP

HSPは、非常に共感性が強く、想像力豊か。

 

HSPの特性を持つ人は、理解力が早く、人の心や背景を読み取る能力にも長けています。

 

その想像力は「マインズアイ」によるものかもしれません。

 

この能力は、非常に多くのことに役立つ反面、HSPである本人を苦しめることも。

 

そこで、この記事ではマインズアイの特徴・うまく付き合うための心持をお伝えします。

 

HSPが持ち合わせている『マインズアイ』とは?

 

マインズアイとは、まるでそこにあるかのように、物を想像することができる能力

 

物だけでなく人の感情や背景などを想像し、実際に自分が体験したかのように感じてしまうのも、マインズアイの特徴です。

 

物のイメージ能力に優れている

 

例えば、ここにリンゴがあると想像すれば、その形や色だけでなく、においや感触・食感までもを、リアルに想像できます。

 

「たとえば、私とマインズアイのある子が向かい合って座っています。
その子に、「いま、きみの手の上にケーキが載っていると思い浮かべられる?」と聞きます。
すると「うん」と返ってきます。
「それは何のケーキ?」と聞くと「チョコレートケーキだよ」と言います。
(中略)
私が「いま、きみはそっち側からケーキを見ているけど、ケーキの後ろ側は見える?」と聞くと
「ああ、先生の側からってこと?見えるよ」
と言って、私の側から見たチョコレートケーキのありようを描いて見せてくれます。
引用元:長沼睦男「子どもの敏感さに困ったら読む本」

 

芸術家にHSPが多いのは、このマインズアイの能力に長けていることも理由の一つ。

 

想像力や・コミュニケーション力・表現力などに関係する、右脳がよく発達しているとも言えます。

 

人の気持ち・状況・背景に対する共感力

 

HSPは人の気持ちに影響を受けやすく、一緒にいる人や入ってくる情報によって、気分も変化します。

例えば、

  • 映画の主人公に感情移入して号泣してしまう
  • 震災や災害の映像を見ると、体調が悪くなる
  • 暴力的な映像、刺激の強いシーンを避ける
  • 一緒にいる人の悩みや悲しみを、自分のことのように感じる

 

このように、自他の境界が薄く、他で起こっていることや物語の中のことも、自分自身のことのように強く、深く受け止めやすい特徴があります。

 

これも一種のマインズアイ。

まるで自分がそこにいるかのように、まるで自分に起こっていることかのように、想像できてしまいます。

 

物に対するマインズアイは、特技になります。

絵や写真、音楽など、クリエイティブな活動には欠かせないもの。

見えない部分まで想像して描く、様々な角度からの視点を持っているのは、優れた特技です。

 

しかし、他人の気持ちや、他で起こっていることに影響されやすいという特徴は、厄介なものです。

自分で自分のこの「感情へのマインズアイ」を自覚して、うまくコントロールできれば問題ありません。

ところがそれに振り回されて、心労が増えてしまうこともありますよね。

 

私のマインズアイ体験談

 

私は、他人の過去のつらい経験などを聞くと、ふさぎ込んでしまうことがあります。

先日ある人が、つらかった過去のことを、ほんの少しだけ話してくれたことがありました。

確かに壮絶な体験で、並みの経験ではなかったのですが、私はその背景や彼女の日常さえも想像してしまい、震えが止まらなくなってしまいました。

 

友人が公開しているブログ記事を読んだときのこと。

いつもは見せない、彼女が抱えているダークなものを見た瞬間でした。

読んだだけで、自分も同じ境遇にいるような気がしてしまい、とてもしんどい。

映画やドラマで泣くことは最近めっきり減りましたが、実際に人が経験した話を、本人から聞くこと、本人の書いた文章を読むと、その感情がダイレクトに伝わります。

 

さらに、そこに至るまでの背景や、その後の生活、今どんな思いで生きているのか、そこまで想像してしまうので困ります。

その想像が、当たっているかどうかは別問題。

全く見当違いな想像をしているかもしれなし、私の想像ほど本人は困ったり悩んだりしていないかもしれない。

でも、やっぱりそこにいる他人の感情と、自分の感情の境界線が薄いように思います。

 

マインズアイによって、苦しくならなたいためには?

 

人の感情や背景に対するマインズアイは、上手に付き合ってメンタルを鍛えていくことが必要です。

私も、未だにふと共感性の強さに苦しむことがありますが、付き合い方さえ分かっていれば大丈夫。

 

「自分に起こっていることではない」と意識的に言い聞かせる

 

メンタルトレーニングでも大事なことですが

「自分自身に、意識的に言い聞かせる」という行動はとても大事。

頭ではわかっているのに、いつも同じパターンになってしまうことって、本当によくありますよね。

 

  • これは自分のことではない
  • 相手の経験を聞くことは、背負うことではない
  • 自分は自分の生活を守ることが最優先

 

こんな感じで、自分に必要なこと、自他は違うのだということを、意識的に考えて、言い聞かせます。

 

助けたいという感情を捨てる

 

  • 助けたい
  • 力になりたい
  • 私なら相手を救えるかも

そう思えば思うほど、自分自身が苦しくなってしまいます。

 

自他の違いを言い聞かせるのと同時に、「自分が助けなきゃ」という感情を捨てることも大切。

もし自分が相手の立場だったら、私に助けてもらうだなんて考えるでしょうか?

 

身近な問題と受け止めすぎず

  • 傍観する
  • 静観する
  • 第3者目線で見守る

このように、適度な距離感を持つように意識しています。

 

自分にとって刺激となるものを排除する

 

影響を受けてしまう映像・物語・人間関係などを、正しく選択することも必要です。

 

  • 震災や災害の映像はなるべく避ける
  • 暴力的な映像を避ける
  • SNSなどの勝手に入り込んでくる情報を遮断する
  • 自分の感情を持っていかれる相手と付き合わない

 

人の感情や物語、ニュースの出来事に共感することはとても大切ですが、それによって自分自身が強いストレスを感じるようでは意味がありません。

 

境界線が薄いことと、共感性が強いことはとても似ていますが、実際は違います。

 

境界が薄いことは、自分を苦しめる原因に。

共感性が強いのは、自分の感性を磨きプラスへと導きます。

 

自分にとって、必要な共感と、自分を苦しめる共感を見極めて、排除していくこともまた大切なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント