【実例】小さな変化が自分と世界を変える「バタフライ効果」

子育て

こんなことやっても意味ないよね。

 

今更やっても遅いでしょ。

 

こんな風に、行動を起こすことをあきらめてしまうことってありませんか?

 

私は色々考えすぎる性格なので、ぐるぐる思考を巡らせた結果「やらない」という選択をすることの多い人生でした。

 

 

でも、ちょっとした行動や変化によって、後々大きな影響を及ぼすことがあることを知り、考えや行動を変える努力をしています。

ちょっとの努力でも、やるのとやらないのとでは大違い。

0と1は天と地ほどの差。

 

これを力学では「バタフライ効果」と言います。

 

 

別名カオス理論とも言われ、予測不可能な未来を意味します。

 

エドワード・ローレンツという気象学者が提唱したものですが、気象に限らず世の中のすべてのことは、常にささいな変化を繰り返していて、予測不可能です。

 

私自身、気象学や力学の知識はありませんが、これは世の中のすべての人に関係の深い話です。

 

 

よく、小さな行動を積み重ねれば結果が出るとか、ちょとした心がけで大きな変化が起こるなんて言われたりしますよね。

これは、きれいごとや夢のような話ではなく、物理現象として認められているのもなのです。

 

 

バタフライ効果の 例え話 と 実例

 

 

“ブラジルで蝶が羽ばたくと、テキサスで竜巻が起こる”

 

バタフライ効果を分かりやすく表した、例え話です。

ブラジルにいる蝶が羽ばたき風速が微妙に変化することによって、遠く離れたテキサスで竜巻が起こる可能性もある…ということです。

 

 

日本語だと、

“風が吹けば桶屋が儲かる”

“塵も積もれば山となる”

“一円を笑うものは一円に泣く”

なんていうのも、バタフライ効果と通ずる部分があります。

桶屋というのは、棺桶屋のことで「強い風が吹くと、火災事故や遭難などが起きて死者が増える」という例え話。

冗談や、落語の大喜利などでよく使われます。

 

バタフライ効果は映画の題材にもなることが多く、バラフライエフェクト有名ですよね。

 

伊坂幸太郎作のフィッシュストーリーなんかも、この理論を基にしているストーリーです。

 

 

どんな人でも一度は

「あのとき〇〇しておいてよかった!」

 

「なんであのとき〇〇に行かなかったんだろう…」

 

そう、思うことがあるはず。

 

逆に

「あのとき〇〇しておいて助かった!」

 

「あのとき〇〇に行って正解だった!」

 

というポジティブとネガティブ、どちらの経験もあると思います。

 

 

バタフライ効果というのは、ほんの少しの動きや変化によって未来に大きな変化や効果をもたらすことを意味しているのです。

 

私が、ライターの仕事を本格的に極めるようになったのは、夫が原因不明の病気をした為。夫がいつ働けなくなっても良いように、この仕事を真剣にやり始めたのです。

子供を保育園に預け、本格的に仕事を続ける中で「仕事に生きることもあるだろう」と、このブログを開設しました。

私の夫が病気をしなければ、私はこのブログを書いていないんです。

そして、これを読んでくださっている、あなたのとの出会いもない。

たったひとつの出来事やハプニング、行動、思考…。

 

全てが予測できない未来につながっていると思うと、本当に世の中は不思議で満ち溢れていますよね。

バタフライ効果は悪い方向の実例も多い

 

 

「ポジティブな効果」ばかりではないバタフライ効果。

 

ここで一つ、誰でも知っている有名な人物の実例を挙げてみましょう。

 

あるひとりの青年は、幼いころから絵描きになることを夢見ていました。

その青年は700点もの絵画を書き、水彩画は5,000点をも超える作品を毎日書き続けます。

それでもその青年は、念願だった美術学校の入試に失敗。

彼は美術学校に入れなかった挫折感を、文筆活動や政治活動にぶつけるようになりました。

 

そしていつしか彼は「ナチス党」を結成します。

 

そう、これはアドルフ・ヒトラーの話。

 

 

彼が美術学校に受かっていれば、あの歴史的な虐殺事件も起こらなかったかもしれない。

彼が挫折の苦しみをプラスに捉えていれば、命が失われることはなかったかもしれない。

こんな風に、巡り巡ってネガティブな結果を引き起こすこともあります。

 

 

ヒトラーの場合、ネガティブな感情である怒り・悔しさ・不信感などが影響しています。

 

ポジティブな言動を意識すれば、それは巡り巡っていい結果へとつながる可能性が高くなる。

 

逆にネガティブな言動ばかりしていると、それもネガティブな方向へと作用する。

 

私たちが生きているこの世界は、誰かに作られたものなんかではなく、私たちが日々思っていること、感じていることで建設されている最中だということです。

 

 

日々のちょっとした行動、自分の思考、発言、すべてが今後の未来を操作しています。

バタフライ効果、というものが力学的に広く知られていることが分かると、世界の見方が変わっていくのでは。

私という小さな存在が、ほんの些細な行動をするだけで、ここから先の結果は180度変わると思えるように。

 

すると、今まで面倒だからやらなかったこと、そんなの無理だよってあきらめていたこと、自分にはできないと引き下がっていたこと…

全部が、もったいないとさえ思えるようになるのです。

 

 

行動してみて結果が出なくても、実践した過程のできことは自分の経験として必ず積み重なっていくもの。

仕事・恋愛・結婚・子育て・家事・人間関係…すべてのことに、0.01の小さな変化を加えるだけで、結果は変わります。

そして今まであったいいことも、悪いことも、すべてが一つの線で繋がる感覚を知ることができるでしょう。

 

想像できることは、実現できること!

 

SFの世界では、人間が想像できることはすべて実現可能だと言われています。

でも「自分が今から、遠く離れた海外に瞬間移動する」ということを想像しても、それは実現はしないと思います。

 

それは「瞬間移動できる」ということを信じていないから。

 

「できる!」と思い込もうとしても、おそらくほぼすべての人が根本的に信じられないので、実現しません。

 

ただ、科学の技術が発達して、瞬間移動の原理や仕組みが解明されている世の中だったら…?

 

もしかしたら結果は変わるかもしれません。

状況によって信じられることは変わるし、信じることができれば実現もより近づきます。

目指す目標に対しての努力が大きければ、達成できるという根拠に繋がりますよね。

 

根拠があれば、信じることができる。

成功すると信じるその根拠は「これだけ努力した」という事実にあります。

 

過去の経験から、できないとあきらめてしまう

 

それでもまだまだ、自分を信じられないという人は多いはず。

それは「過去の経験」による固定概念がとても強いからです。

 

例えば赤ちゃんが生まれたとき、

 

「この子はどうせ、将来大物になんかならない。

きっとだらしがないし、何をやっても続かない。」

 

こう思う人は、ほとんどいないでしょう。

 

一生懸命ヨチヨチ歩く姿を見て、

 

「すごい!運動神経がいいのかも!」

 

と思ったり

 

「お話が早いから、頭のいい子に育つかも!」

 

そんな風に、良い意味でたくさんの期待をするものですよね。

 

それなのに、何年か経つと

「この子は人見知りが激しいから、人前に出るのは無理。」

「この子はお片付けができないから、だらしない子になっちゃうかも。」

 

そんな風に「過去の経験」が積み重なって

  • できること
  • できないこと

を区別してしまう。

そしてその区別された概念は、その子ども自身に植え付けられていきます。

 

「俺は昔から、人見知りで人前に出るのが苦手」

「私は飽きっぽくて何をやっても長続きしない」

 

こういう自分への偏った情報で、自分自身を決めつけてしまうようになります。

 

「私には無理だ」

「時間も余裕もないし、できない」

 

できないと信じて疑わないため、当然行動も変わりません。

 

いつもと違う行動が、バタフライ効果を起こすとしたら?

 

「自分はダメ」

 

「この子はダメ」

 

そんな固定概念を捨てていつもと違う行動をしてみると、必ず結果は変わります。

たった1匹の蝶が羽ばたく風力によって、気象は大きく変化する。

そしてそれは、人間の頭脳はおろかコンピューターでの観測でも予測ができないのです。

 

私たち人間がちょっとした行動の変化、思考や発想の転換を実践したら、どれだけの効果があるでしょうか?

 

意識的に行動すれば、3日でも1週間でも1年でも、どんな短い期間でも「成長」を感じることができます。

 

  • ずっと行きたいと思っていた喫茶店に入ってみる
  • いつも素直に言えないことを、率直に言ってみる
  • 気が進まない誘いを、勇気を出して断る

 

こんなささいな変化でも、自分がしたいことを実行するのとしないのとで、結果は180度変わると思います。

すると、自分が本当は何を求めているのか、自分ってどんな人間なのかがはっきりと見えてきます。

 

ささいな行動・思考の変化によって自分を見つけてあげてください。

自分と向き合うことができる人は、他人に優しく接することができ、信頼できる人に囲まれる人生はもっと楽しいものになるはずです。

 

そうなれることは、これ以上ない幸せではないでしょうか。

もし、あなたが行動に迷う場面があったら、このバタフライ効果のことを思い出してみてくださいね。

コメント

  1. やま より:

    はじめまして。私は今仕事中怪我をして入院しています。明日退院します。会社の人がお見舞いで「フォルトゥナの瞳」という小説を貸してくれました。話の中にバタフライ効果という初めてみる言葉をみて気になってググったらあなたの記事を見つけ読みました。知らない事を知る事が出来ました。ありがとうございます!

    • 夏野 新(なつのしん) 夏野 新(なつのしん) より:

      やまさん、こんにちは!

      バタフライ効果、とっても勇気づけられますよね。やまさんに伝わり、こうしてメッセージをいただけて本当に嬉しいです。
      こちらこそ、ありがとうございます。
      この記事は、自分を励ますために書いたものでしたが、それが誰かのためになることを、教えていただきました。お互いにこれからも、頑張りましょう!ありがとうございました。