【母のイライラ要因】小学生の中間反抗期に疲れたお母さんへ

小学生

小学生の中間反抗期に嫌気がさしていませんか?

小学校生活にもだいぶ慣れてきたころ、だんだん加速し始めるのが「反抗的な態度」

  • 今まで使わなかったような言葉を使う
  • 都合が悪いと無視をする
  • 言葉ではなく、表情や態度に出す

あなたはお子さんのこんな様子に、悩んでいませんか?

幼稚園のころや小学校低学年のころにはなかったような、別の人格が出てきたように感じられることも。

反抗期がくることは、正しく成長している証。

親に対して口答えすることや、反発したい気持ちになるのはよい反応だと言われています。

しかし、 頭ではそれを分かっていながらも、母親の人間としての感情が溢れる、もしくは実際に衝突することもしばしば。

我が家の長男の場合、小学校3年生になったとたん、今までと違う反抗の様子を見せるようになりました。

私の心に余裕があるときは良いのですが、そんなときばかりではありません。

疲れているときや、反抗的態度が立て続くときなど、正直ウンザリしてしまうこともありますよね。

今回は、小学校3年生前後で起こる中間反抗期について、子供の心の動向や、向き合い方についてお話します。




小学生にやってくる中間反抗期とは?

中間反抗期は、小学校低学年~中学年頃に見られる反抗期です。

2~3歳のときにあった、イヤイヤ期と呼ばれるのが第一反抗期

卒乳やトイレトレーニングなども経験する「物理的離乳」の時期です。

そして、第二反抗期はいわゆる小学校高学年~中学生ごろの思春期に起こる、有名なあの反抗期です。

この代表的な反抗期の間に起こる反抗期ということで、中間反抗期という呼び名がついています。

中間反抗期、今経験中のお母さんたちは本当に毎日気を揉んでいることと思います。

その理由は…

  • 生意気なことを言う
  • 格好つけたがる
  • それなのに中身が伴わない
  • 親の呼びかけに反応しない
  • 黙って態度や表情に出す
  • 甘えたい気持ちもまだまだ強い

まだまだ親に甘えたい気持ちがある一方で、ちょっと格好つけたかったり、親に偉そうな態度で接してきたり。

親からすると矛盾点や未熟な点がとても目立つので、「むかつく!」「腹立つ!」と感じてしまう時期でもあります。

ただし、反抗の特徴は子供によって様々なので、一概にこれが全てとは言えません。

ここでは息子の場合の反応挙げてみますね。

母親の言いつけを守らない

母親である私のいいつけを守らないことが多いです。

例えば…

  • 5時までに家に帰ってきなさい
  • 9時になったら寝なさい
  • 遊んで帰ってきたら宿題をすぐにやりなさい
  • 学校の支度は前日までにしなさい

これらは、小1のときから口を酸っぱくして言ってきたことですが、2年生の終わりごろから3年生の現在にかけて、圧倒的に守らない日が多くなってきました。

私の場合何度注意しても返事するだけで、気持ちが全然やるべきことに集中しません。

母親に言われたことはそれほど重要ではない、というような雰囲気を出したり、時には無視したりすることも。

やるべきことの必要性を必死に説明しても、また次の日には同じことを繰り返します。

一方、父親への対応は違います。

父親の場合ちょっと注意しただけでも背筋をピンと伸ばし、言われたことをすぐに実行。

この落差に、ストレスを感じることもあります。

「なぜ私の言いつけや説得ではダメなのか?」

「こんなに毎日子供のことを観察して、言い聞かせをしているのに。」

と、自分の努力がむなしく感じたり、存在意義を見失いそうになり途方に暮れたこともあります。

人のせいにする

例えば、

「なぜ5時までに返ってきなさい」

という言いつけを守れないのか、と聞く場面があったとします。

すると

「〇〇がもうちょっとやろうと誘ってきたから、帰れなかった。」

「僕は帰りたいと言ったのに、〇〇くんが10分だけ伸ばそうと言った。」

などと、人のせいにしたり、いい訳にならない反論をすることが増え始めました。

母親の自分が実際にその場を見ていないだけに、こうして人のせいにするような言い訳をされると困りますよね。本当のことなのか、それともごまかすための言い訳なのかもはっきり分かりません。

私は、自分で見ていないことや確信がないことはそれ以上追求しないようにしていますが、やっぱり腹が立つことも多くなります。

母親としては想像がつくけれど、本当に見聞きしたわけではないので子供を責められない。

子供も、親が指摘しにくい部分や、何とも判断しずらいラインを分かって、上手く言い訳することを身に着けてるようです。

卑屈になる

我が家では、午後6時までに宿題を終わらせるようにと決まりを作っています。

6時までに宿題が終わっていないと、ご飯の時間やお風呂の時間に支障が出てしまうためです。

しかし、3年生になってからはその決まりが全然守れていません。

それどころか

「こんなに頑張っているのに、時間内に終わらない。」

「どうせ今からやっても時間内に終われない。」

などと卑屈になって拗ねて、とってもめんどくさい!

こっちとしては、10分20分の約束の時間を過ぎたっていいから、つべこべ言わないでやるべきことをちゃんとやって欲しい。ただそれだけ。

私に小言を言われたり叱られたりするたびに、拗ねて話をしたがらなかったり、聞いていないふりをしたりと小細工することもあります。

中間反抗期は、小学生の初「親離れ」

反抗期の子供と向き合うまえに、まずは自分の子供時代を振り返ってみましょう。

親の言いつけを守れなかったとき、親の弱みを探してそこに付け込んだりした経験はあませんか?

知恵がついてくると、親の悪い部分を見つけて、そこに言い訳できるスキを見つけられるようになります。自分にメリットがあるように考えてふるまうことができるようになるのです。

もちろん個人差があると思いますが、ありのままの感情をそのまま出すというだけではなくなりつつあります。

  • 黙ってみる
  • 言い訳を考えてみる
  • 親の矛盾点をついてみる
  • 親の交わし方を覚える

今までは、親の言いつけに対して泣いたり騒いだりしながらも、最終的には「ママ~」と言って擦り寄ってきました。

でも、今では親の怒りやイライラを、いかに回避するかを考えられるようになってきています。

幼いころは、叱られると泣いてすり寄ってきて、抱っこをせがんだもの。

しかし今では、多少叱られても

「はいはいごめんなさい、じゃおやすみ~。」

で終わってしまったりもします。

つまり「行動」と「心」を切り離し、試行錯誤することができるようになってきたのです。

心では「母ちゃんうるせえな~。」って思いながらも「はいはいごめんなさい。」と交わすことができる。

聞き流したり、交わすスキルは、幼稚園児の頃はなかったはずです。

ここに親として腹が立つポイントがあったりするわけですが、これは本当に成長した証拠と思っていいはずです。

自分の気持と行動に、ちょうどいい場所で折り合いをつけて上手くコントロールしている。

それに気付くことで、親の怒りも少しは治まってくるのかもしれませんね。

小学生の中間反抗期にイライラしたらとき、どうする?

反抗的な態度や、話を聞かないなどの無礼な行動には腹が立つことは日常茶飯事です。

反抗期に腹が立った時はどんな対処をしたらよいのでしょうか。

1. 感情は低い声で話す

感情が高ぶったときこそ「低い声でずっしりと」を心がけてみてください。

感情的になると、女性はどうしても高く大きな声で叫んでしまいがちです。

でも、男の人や子供に対して、ヒステリックに怒鳴ったり怒ったりしても、言いたいことはほとんど伝わりません。

  • 怒ってる
  • 怖い
  • 衝撃
  • うるさい

このように今見えている「お母さんの様子」しか伝わっていません。

特に男子は、その裏にある感情などを読み取ることが苦手です。

私も息子に対し、感情に訴えるようなことを言うこともありますが、聞いているようで聞いていないというパターンが圧倒的に多いと感じています。

怒鳴ることやヒステリックな叱り方は、教育的効果がないのです。

聞いたときや見たときの「衝撃」が強すぎて「何がどういけないのか」という物事の本質が一切伝わっていないと感じます。

2. 腹が立っているということをはっきり伝える

例え親子でも、人と人との関わり合いであることには変わりないので、私は腹が立った泣きたくなったりしたら、それをそのまま息子自身に伝えています。

ヒステリックにならないように注意しながら、あくまでも冷静なふりをします。

例え母親であっても、されて嫌なことれてはあるものです。

  • 何度も説明しているはずの言いつけを守ってもらえない
  • 声掛けをしても無視される
  • 物に当たったり、物を投げたり乱暴な態度をとる

など、腹が立って当然と言える言動をされたときは怒ることがあってもいいのです。

どんな時も怒らず、優しく言い聞かせるというだけでは、活発な男子を育てることはできません。(女子の子育てでも当てはまる事例はあるでしょう。)

ひとりの人間として、こうされたら悲しいしつらい、という意見はしっかり子供に伝えていかねばなりません。

大人なんだから我慢しなければいけないとか、母親だから忍耐強くいなければいけいない、というわけではないはず。

もっとも身近な他人としてやってはいけないこと・守るべきことをはっきり伝える必要があるのではないでしょうか。

3.あとはそっとしておく

推奨するべきことではないかもしれませんが、最初に言った通り中間反抗期をはじめとする反抗期は「正常な心の表れ」「成長の証」です。

だから、極論を言えば放っておいてもいいのです。

ふ~んって言っておけばいいのです。

でも!それができないからお母さんたちは悩んでいるわけですよね?

放っておけ、気にするな、と言われても、子供を愛しているからこそ放っておけないし、構いたくなってしまうわけです。

それが怒鳴ったりヒステリックになったりという反応として出ているわけです。

つまり、子供が可愛くて心配で、愛していてやまないというだけ。

適当に子育てしていたら、そんな強いイライラで悩むこともありません。

対応に迷って、こうやって検索することだってないですよね。

あなたは、子供に真っ向から向き合って真剣に考えている。

それだけでも、立派なお母さんですよ。

だから、できるときだけでもいいので、そっとしておくということも一つの方法です。

「あぁ、中間反抗期ね。もうそんなお年頃なのね。」

そう思えるときだけでもいいので、放っておきましょう。

腹が立ってどうしようもないときは、

「お母さんは腹が立ってますよ!」

と、正直に、素直に言えばいいのではないでしょうか。




中間反抗期、小学生でも外でのストレスがある?

安心、信頼しきって過ごしている家庭内でも、このようにこれまでと違う反応をみせる中間反抗期。

それでは、学校や友達関係、習い事などの外での活動の場では、逆にどれだけのイラ立ちや葛藤に出会っているのでしょうか。

きっと、我慢しなければいけないことがいっぱいあるはずです。

ちょっと傷付いたこと、悲しいこと、悔しいこと、毎日たくさんの感情を整理しながら日々成長しています。

そんなストレスが、家の中で爆発している可能性もありますよね。

外でしっかりやっている子ほど、家ではどうしようもなくだらけたり親に反抗したりするものです。

家での反抗的態度がひどいということは、それだけ外で頑張って心を鍛えている最中である、ということでもあると感じます。

家がお子さんの基地となるように、お子さんのストレスサインには目を光らせておくと良いですね。

小学生の中間反抗期に、神経質にならないこと!

中間反抗期は、もっとも向き合い方の難しい反抗期なのかもしれません。

親から見ると、まだまだ危なっかしい子供。

しかし本人は、だんだんと行動範囲が増え、親が知らない自分の一面もたくさん持っていると感じ始めます。

そんな複雑な葛藤をしていることを、親が気付いて見守ってあげることも必要です。

イライラすることも、悲しくなることも当然ありますが、あまり神経質になりすぎないことが大切。

できる範囲で、できることをやってあげれば、忙しい現代の母親としては満点なのではないでしょうか。

コメント

  1. やっちゃん より:

    はじめまして!!小学3年生、反抗期で辿り着きました。ブログを拝見しながら、いままさにわたしと娘に起きている内容です。
    どう向き合えばいいのか?途方に暮れていました。ブログ読みながら、涙が出てきました(T_T)ありがとうございました(T_T)
    またお伺いさせて頂きます。

    • なつのしん より:

      こんにちは!

      訪問、ありがとうございます!
      お気持ち本当に分かります。
      こんなに子供のことを大事に思っているのに、どうして上手く伝わらず、上手くできないのかと途方にくれますね。
      女の子だと、もっと複雑な心理をしているので難しさも大きいと思います。
      是非、また遊びに来てお話聞かせてくださいね。

  2. こずえ より:

    こんばんは!
    私も、子ども(2年生)も多分間違いなくHSPです。全てが当てはまり、びっくりと救われた気持ちです。今日も怒り、泣きました。情けなくて、旦那にも言えません。気持ちをどうしたらいいのか、悩んでいましたが、放っておけるときは放っておこうと。心が軽くなりました。
    ありがとうございます‼

    • 夏野 新(なつのしん) より:

      こずえさん、こんにちは!
      初めまして。

      同じです、私もずっと「なんで?なんで?」って思いながら怒鳴って、泣きました。他のお母さんや夫にも、心から理解してもらうことは難しかったです。今思うと後悔ばかり。

      でも、心が軽くなったと言ってもらえて、私も心から嬉しいです!毎日本当にお疲れ様です。
      ぜひぜひ、また覗きに来てくださいね!

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました